HOME > きりゅうアワード2019

きりゅうアワード

 若手クリエイターの皆様に、この「きりゅう映画祭」から世界へ羽ばたいてほしいという想いから、コンペティション部門として2013年に創設しました。
 全国から様々なジャンルの短編映画を公募し、「きりゅう映画祭」にてノミネート上映しています。映画祭当日、最終審査を経て各賞受賞作品が決定されます。

審査委員

審査委員長
篠原哲雄
 
審査委員
松崎まこと
 
審査委員
周藤史郎
 

ノミネート作品

 

「宮田バスターズ(株)」

監督:坂田敦哉
 
地球に飛来する宇宙生物から人々を救い、世間から喝采を浴びる会社だったが、駆除テクノロジーの進歩と共に会社のニーズ、社員の士気はすっかり消え失せていた。そんな中、会社を脅かす大事件が勃発する!
 

 
 

「適度なふたり」

監督:柴田有麿

今まで遠距離で暮らしてた新婚夫婦。初めての共同生活に期待が膨らんでいたが…。
 


 

「MutualUnderstanding」

監督:野呂 悠輔 
 
フランス人留学生ノエミはNYという巨大な街の中で孤独を感じていた。彼女はある日、語学学校で謎めいた日本人生徒・ケンゾーと出会う。
ある夜、街で偶然出会った二人は一緒に歩いて帰ることに。会話を続けるうち距離を縮める二人だったが、その夜以降ケンゾーは姿を消し……
 

 

「湯沸かしサナ子、29歳」

監督:東かほり
 
29歳、牛乳配達員のサナ子は人生に迷いを感じている。 ある日、ひょんな理由から廃業が決まった銭湯で働くことに。 最後に一花咲かせたる!不器用で内気なサナ子が巻き起こす、テクノでポップな銭湯ムービー
 

 

「ぼくらの自由研究」

監督:MATSUMO

夏休み明け、クラスの自由研究での発表会。去年の発表で、自作のロボットを爆発させてしまった津田沼くんは、今年のリベンジに燃えていた…。しかし?
 

 

「Motherhood」

監督:萬野達郎
 
妊娠6ヶ月の坂口美彩は2018年から1994年にタイムスリップしてしまう。
精神病院に強制入院させられた彼女は、「この時代では精神病患者は強制的に不妊手術を受けさせられる」
という衝撃的な事実を聞かされる。