きりゅうアワード2017

審査委員会


 
[審査委員長]
冨永昌敬(とみながまさのり)
Twitter(https://twitter.com/dolvic2002)


映画監督。75年愛媛県生まれ。近年の監督作品は『ローリング』(15)、ドキュメンタリー『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(16)、ドラマ版『ディアスポリス 異邦警察』(16)など。本年11月には『南瓜とマヨネーズ』(17)が、来春には『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18)が公開を控えている。

[審査委員]
松崎まこと(映画活動家/放送作家)
Twitter(https://twitter.com/nenbutsunomatsu)


[審査委員]
周藤史朗(わたらせフィルムコミッション 代表)
公式ホームページ(http://www.watarase-fc.com)

 

ノミネート作品[監督]

なぎさ[古川原壮志]


 
クラスメイトの男の子と女の子。プールの時間に二人で話したことを、男の子は繰り返し思い出す。
うつろい消えゆく時間の中、いつまでも彼女の声が耳に残る。

 

MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて[草刈成雄]


 
愛する人を事故で失った男が、ある日、木の馬の人形になり、 木のおもちゃの世界に迷い込んだ。 木の世界の奇妙な住人達と木の人形になった男が繰り広げる、 木のおもちゃバーの切ない愛と願望の物語。
 

水平線の感覚[キム ソジン]


 
車の中の二人。 同じ風景、違う感覚。
自分の男を探しに来た女とその女を追いかけてくることしかできな い少年。
少年は彼女の視線を自分に向けることができるだろうか?
カメラのフラッシュはオンになり、少年は走り出す。
 

浪漫をみつけた[吉川信幸]


 
付き合って3年の龍太から意味ありげなメッセージを受け取り、 「もしかしてプロポーズ!?」と思って待ち合わせに向かう燈子。 しかし、そこで燈子が見たものは…?笑えて笑えてちょっぴりほっ こりする、ハートフルラブコメディ!

 

くゆるひ[宮原周平]


 
30歳を過ぎ売れない俳優を続けていた笹原だったが、 かつて鬼才と呼ばれていた喜多村監督の新作に抜擢され、 役作りのため、倉庫内で一ヶ月生活することに。 理不尽で横暴な喜多村の指導に必死に食らいつく笹原だったが、
 

The Light Dances[伊月肇]


 
東京郊外の住宅街。ある一軒の家の周りに数人のリポーターやカメラマンがいる。
玄関から出て来た少女・渚は戸惑い、憤りを覚えていた。少年・暁はそんな渚に何も聞かず、行動を共にする。二人の小さな逃避行が始まった…

 

VANISH[畑井雄介]


 
「VANISH」とは『消えてなくなる』という事を意味しています。物体が消える、感情が消える。『喪失』をテーマにこの物語を描きました。